HOME >> 新着情報 >> 組踊上演300周年記念『能と組踊』公演

新着情報

組踊上演300周年記念『能と組踊』公演


世界無形文化遺産の能と組踊が、組踊上演300周年を記念して文化庁芸術祭主催公演で開催されます。

本公演は組踊の祖 玉城朝薫の書いた代表曲の中から共通する題材を扱った「羽衣」と「銘苅子」、「放下僧」と「二重敵討」を11月28日、29日の2日間にわたり行われます。

28日は「羽衣 和合之舞」を坂井音重、「銘苅子」を宮城能鳳が。
29日の部では、放下僧の兄役を観世宗家 観世清和が、弟役を坂井音雅が、「二重敵討」真境名正憲 鶴松役に宮城茂雄が演じます。

深い絆で結ばれた能楽と組踊の競演をお楽しみくださいませ。

期日 11月28日(木) 午後6時30分開演
   11月29日(金) 午後2時開演
会場 国立能楽堂

演目 28日
   組踊「銘苅子」宮城能鳳
   能「羽衣」坂井音重
   29日
   組踊「二重敵討」真境名正憲・宮城茂雄
   能「放下僧」観世清和・坂井音雅

入場料 正面 6800円 脇正面 5700円 中正面 4500円

チケット取扱い
 ○NPO法人白翔會
   Email info@hakusho-kai.net
    Fax 03-6407-0521
   Tel 03-6407-0520
○国立能楽堂チケットセンター
   Tel 0570-07-900

74354462_2370525929942980_6526372289976467456_n.jpg75412195_2370526143276292_3191665982355537920_n.jpg

0
前のページに戻るpagetop