ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

葵上

物語

葵上

光源氏の正室・葵上は、物怪のために重い病の床にあります。その正体を知るため、照日巫女が梓の弓を鳴らして物怪を呼び寄せます。葵上の枕辺に現れたのは、六條御息所の生霊でした。生霊は、光源氏との華やかな日々、愛を失った今の嘆きを綿々と述べ、激しい感情の高まりのままに、葵上を打ちすえて姿を消します。

 

急ぎ呼び出された横川の小聖の前に、再び鬼女の姿を現した御息所の怨霊ですが、法力によってついに祈り伏せられてしまいます。

 

舞台展開

葵上

まず後見が舞台正面先に出す小袖は、病に伏す葵上を、表しています。臣下(ワキツレ)が照日巫女(ツレ)に葵上にとりつく物怪の正体を占わせます。巫女は梓弓を鳴らして霊を呼び寄せるという設定です。

 

〈一声〉の囃子でシテ(六條御息所の生霊)が現れます。舞台上では表現されていませんが、御息所の生霊は葵上との「車争い」に負けた破れ車に乗って現れる態です。シテは病床の葵上に近づき、綿々と恨みや嘆きを述べ、激しい感情の高ぶりのまま、葵上を打ちすえます。扇を捨て、唐織を脱いで被き姿を消した態で、後見座へ向かいます。(物著)

 

葵上

下人(間狂言)が横川(比叡山)の小聖(ワキ)を迎えに行きます。この間に後見座でシテは般若の面をつけ、葵上の病床でワキが祈りはじめると、背後より唐織を被いたシテが近づきます。〈祈〉は小聖の法力と、鬼の姿となった六條御息所の生霊との激しい戦いの場面です。

 

鑑賞

葵上

「葵上」の前半の御息所の生霊とは、御息所の心の奥深くに隠されたもう一つの心を表したものです。それは怨み、悲しみ、嘆く激しい心。後半でその心は鬼の形となります。法力に挑む姿は恐ろしくもあり、また哀れでもあります。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop