ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

羽衣

物語

羽衣

三保の松原の漁師白龍は釣りから帰ると、虚空に花降り音楽が聞え、妙なる香りがして、ただならぬ様子と見るうちに、浜辺の松に世にも美しい衣が掛けられているのを見つけます。持ち帰り家宝にしようとする白龍。すると、天人が現れ衣を返して欲しいと頼みます。衣を身につけなければ、月世界へ帰ることが出来ない天人は、雁の渡って行く空を見上げつつ嘆き悲しみます。その様子を余りにも哀れに思った白龍は、天人の舞楽を見せるなら返そうと約束します。衣を身に着けて舞おうとする天人に、白龍は、衣を返せば舞楽を舞わずに天に帰ってしまうであろうと疑いを持ちます。「天に偽り無きものを(天上界には偽りはありません)」と言う天人の言葉に、白龍は衣を返し、天人は月世界の様子を語り、浦の春景色を愛で、天人の舞楽を見せ、宝を降らしつつ帰って行きます。

 

舞台展開

羽衣

後見が舞台正面の先(正先)に衣の掛かった松の作り物を据えると、そこは三保の松原となります。一声の囃子で白龍(ワキ)と漁師(ワキツレ)が釣り棹を担いで登場します。松に掛かった衣を取って行こうとする白龍を、幕の中から天人(シテ)が呼び止めます。

 

シテは〈天冠〉を付け、〈増〉の面、〈着付腰巻姿〉。長絹(広袖の衣)を附けない姿は、〈モギ胴〉と言います。「羽衣がなくては天上界に帰ることがかなわない」と歎き悲しむシテに、ワキは「天人の舞楽を見せるならば返そう」と言います。疑いの心を持つ白龍に「いや疑いは人間に在り、天に偽りなきものを」と言い、白龍は恥じ入ります。

 

衣を受け取った天人は〈後見座〉に行き、衣を身に附けます(物著)。月世界のありさまを語り、三保の松原の景色を愛で、舞を舞います。〈序之舞〉テンポの速い〈破之舞〉に続き、〈キリ〉は華やかな型で、天上界に帰って行く態で終演になります。

 

鑑賞

羽衣

月世界の宮殿には白衣と黒衣の天人が十五人ずつおり、日毎に一人ずつ入れ替わって奉仕し、白衣の天人が十五人全員になると〈満月〉となり、黒衣の天人が十五人全員になると〈新月〉となり、三十日で月の満ち欠けを表しています。

 

このように自然の摂理は繰り返され、月は夜空を照らしています。この曲の天人は、自然の象徴で、疑いの心を持っつ人間の心を照らすのです。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop