ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

半蔀

物語

半蔀

都、紫野・雲林院の僧が一夏の間、仏に供えた花々の供養をしていると、どこからともなく女が現れ、夕顔の花を捧げます。名を尋ねる僧に、女はただ五条辺りの者とだけ答えて、花の蔭に姿を消します。(中入)

 

その言葉をたよりに、五条辺りに赴く僧。夕顔の花の絡む蔀戸を押し上げて現れたのは、在りし日の夕顔の君でした。夕顔の花を介して出会った光源氏との昔を懐かしく回想しつつ舞い、夜明けとともに半蔀の中に姿を消します。

 

舞台展開

半蔀

名ノリ笛の音につれて、ワキ(僧)が登場し、舞台中央に座して合掌し、花の供養のために経文を唱えます。

 

会釈(アシライ、小鼓・大鼓のみ)の囃子で、前シテ(女)がどこからともなくという風情で登場し、常座で和歌を口ずさみます。不思議に思ってワキが尋ねると、名のらずに「五条あたりの者」と言い残し、花の蔭に姿を消す態で静かに中入りします。

 

間狂言(所の者)の語りの後、後見が半蔀屋の作物を常座に据えます。するとそこは五条の夕顔の住居となり、ワキは『源氏物語』の世界に入って行ったという設定です。蔀戸には夕顔の花が絡まり瓢箪が下がっています。

 

〈一声〉の囃子につれて後シテ(夕顔の君)が現れ、作物の中に入ります。長絹(広袖の衣)と大口(袴)姿です。「草の半蔀押し上げて」と静かに半蔀を押し上げて、在りし日の夕顔の君が現れます。光源氏との出会い(〈クセ〉の部分)を語り、昔を懐かしみつつ舞います〈序之舞〉。やがて夜明けとともに蔀戸の中に姿を消します。

 

鑑賞

半蔀

それは光源氏が六条御息所のもとに通っていた頃のことです。六条のついでに五条に住む乳母の病気見舞いに訪れた源氏の君は、五条あたりの建て込んだ家々を珍しげに眺めていると、半蔀を上げ渡した家があります。白い花を付けた名も知らぬ蔓草の絡んだ家。その花を一本折るように命じる源氏の君。花の主こそ、この曲の主人公・夕顔の君でした。

 

この曲で、光源氏との出会いを回想する夕顔は、その後の儚い運命を連想させる所は一片もありません。また、源氏との出会いの象徴である半蔀屋の作り物は、この曲に深い趣を添えています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop