ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

班女

物語

班女

美濃の国、野上の宿の遊女・花子(シテ)は、吉田の少将(ワキ)と契り、扇を取り交わして再会を約束して、その日を待ち暮らす日々でした。野上の宿を追われた花子は、うつつない姿で都を彷徨い出て、賀茂の社に再会を祈願します。少将は野上の宿に花子を訪ねますが、花子とすれ違って会えず、時を同じくして賀茂の社に詣でます。少将の供の者(ワキツレ)は花子とは知らず、からかうと、漢の武帝の寵姫・班女の身の上に我が身を重ね思慕の情を切々と訴えます。やがて花子の扇が少将の目に留まり、二人は再会を果たします。

 

舞台展開

班女

場面は野上の宿。宿の長(間狂言)は、花子を呼び出し、扇を眺め暮らす花子を追い出します。花子は悲しげに野上の宿を後にします。

 

〈次第〉の囃子で、吉田の少将と供の者が登場し、野上の宿に花子を訪ねますが、すでに去った後で、しかなく都へ帰り、賀茂の社に詣でます。

 

〈一声〉の囃子で、花子がうつつない姿で現れ、同じく賀茂の社に参り、再会を祈願します。物狂いの(物思うあまり心乱れた)状態の、高ぶる気持ちや、沈む気持ちを謡の節や〈翔〉という動きで巧みに表現しています。ワキツレが班女とあだ名すると、班女の詠んだ歌のように、秋になると忘れられてしまう扇の境涯を重ねて嘆きます。やがて花子の扇が、ワキの目に留まり、二人はめでたく再会し、再び扇を取り交わし喜び合います。

 

鑑賞

班女

能の〈四番目物〉という区分の中に狂女物があります。狂女といっても、狂人ではなく、思い積めるまりに乱れた精神状態の人のことです。子供と生き別れて、また恋人と離れ離れになり、探し求めて、彷徨っているのです。

 

この曲では思う人に寄せる一途な心情を、せつなく悲しく、細やかに表現しています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop