ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

百萬

物語

百萬

大和国・吉野に住む男(ワキ)が、西大寺の辺りで親とはぐれた男子を拾い、嵯峨野・清涼寺へやってきます。春たけなわのこの日、清涼寺では大念仏が行なわれています。群れ集う人の中に一際上手に念仏を唱える者が居りました。この女は百万(シテ)という名で、夫とは死別し、ただ一人の子供とも生き別れてしまい、探し求めていたのです。他念なく信心すれば、きっと子供にめぐり会えると一心に舞を奉納し、祈ります。その心が通じてか、再会を果たし、仏に感謝しつつ奈良の都に帰っていきます。

 

舞台展開

百萬

子方を先立ててワキが登場して名宣り、子を拾った経緯を述べます。百万という狂女を呼び出すため、間狂言(門前の者)が下手くそに念仏を唱えると、百万が現れて門前の者を制して音頭を取ります。シテと地謡で繰り返して念仏を唱えるこのくだりは〈車之段〉と言います。(山車に乗って音頭を取っている様子を真似ている)

 

続く〈笹之段〉では、子故に思い乱れる母の姿がよく表現されています。シテが手にする笹は狂女の象徴です。ここで子方は母だと気づくのですが、まだ名乗りません。百万は一心に祈り舞を捧げます。〈イロエ〉

 

〈クリ・サシ・クセ〉では、我が子を探し求めて遥々来た有様や、清涼寺の御仏にすがる気持ちが切々と語られています。群集の中に子を求めて〈立廻〉、会うことの出来ない悲しみに沈みます。

 

ついにワキが子供を引き合わせ、御仏に感謝しつつ、連れ立って帰って行きます。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop