ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

花月

物語

花月

花も盛りの都・清水寺。筑紫・彦山の麓に住む僧は、諸国を廻り、花の下で美しい少年と出会います。「花月」と呼ばれるその少年は、友人と肩を組んで恋の歌 (小歌)を謡い、花の梢を飛ぶ鶯を射る真似をし、清水寺の縁起を曲舞で舞って見せます。

 

花月こそ出家する前に、生き別れになった息子と気付いた僧は、親子の名乗りをします。少年は鞨鼓を打ちながら舞い、七つの年に天狗にさらわれ諸国を廻った来し方を物語ります。そして親子は連れ立って修行の旅に出ます。

 

舞台展開

花月

〈次第〉の囃子につれてワキが登場します。そして仏門に入る前、七つの年の我が子と生き別れた由を語ります。間狂言(清水寺門前の者)がシテを呼び出します。喝食(禅門で修行する少年)の面をつけ、烏帽子を戴き、肩をたくし上げた水衣、大口(袴)姿で、弓矢を持って登場する花月。舞台中央(正中)にて名前の由来を語ります。門前の者の肩に右手を掛け、小歌につれて舞台を一周し、次に、手にした弓矢で花を散らす鶯を射る真似をします。サシ・クセでは、清水寺縁起を語り舞います。門前の者の勧めで、再会の記念に、羯鼓を着けて(物著)、打ちながら舞い、天狗にさらわれて諸国の山々を廻った有様を語り、ついには羯鼓の撥を捨て、父と供に修行の旅に出る態で一曲が終わります。

 

 

鑑賞

花月

観音信仰の霊場・清水寺、ことに春。人々が集い、多くの物語が生まれました。名曲『熊野』、『田村』、『花月』。

 

『花月』は天狗にさらわれた少年と、父との再会の物語ですが、花の下で舞い戯れる花月は、門前修行にいそしむ少年というよりは、さながら遊芸人といったところで、飽きることのない芸尽くしの曲です。

 

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop