ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

杜若

物語

杜若

諸国を廻る旅の僧が、三河の国のある沢辺にさしかかると、折りしも初夏の頃、杜若の花が今を盛りと咲き乱れています。あまりにの美しさに立ち尽くして眺める僧。

 

すると、どこからともなく若い女が現れて呼び止めます。女は沢辺にかかる八橋の謂われや、その昔、在原業平が詠んだ歌、

 

唐衣着つつなれにし 妻しあれば 遥々来ぬる 旅をしぞ思う

 

を僧に語って聞かせます。

 

やがて導かれるままに女の庵を訪れた僧の前に、高子の后の衣を着、業平の冠を着けて美しく装った女が現れ、杜若の精と明かします。僧は不思議に思いながらも、女の語る『伊勢物語』の夢の世界に誘われていきます。

 

舞台展開

杜若

笛の音につれて旅僧(ワキ)が登場します。シテは美しい女性で唐織姿。幕の内より呼びかけ、八橋の謂われや業平の歌のことを教えます。僧に一夜の宿を貸し、シテは後見座へ行き、初冠(業平の形見)と衣(高子の后の形見)を身に着けて現れ、杜若の精であると明かします。静かに一巡する動き−イロエ−から、次第に『伊勢物語』の世界へ入っていくような気持ちです。

 

クセ(東下りを物語る所)と−序之舞−は一曲の見どころです。

 

 

鑑賞

杜若

『伊勢物語』の中でもことに名高い“東下り”の段を題材に作られた曲です。業平が“要なき者”(必要ない者)に思い、東に下る道すがら、三河の八橋の辺に咲く杜若を見て、“かきつばた”の五文字を句の上に置いて、旅の心を詠むという歌の遊びをします。こうして「からころも…」の歌が出来るのですが、一行は皆、都に残した人を思い涙をします。業平が心に思う人こそ高子の后という身分違いのため、ついに恋を遂げられなかった人です。

 

シテは杜若の精ですが、高子の后や歌舞の菩薩の化身と呼ばれた業平のイメージが重ねられています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop