ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

兼平

物語

兼平

信濃国・木曽に住む僧が、木曽義仲を弔うため、近江国・粟津の原をめざします。琵琶湖の畔、矢橋浦に着くと、折りよく漕ぎ寄せて来た柴舟に便乗します。

 

船頭は乞われるまま対岸の名所を教えます。比叡山の麓の日吉神社の末社の数々、都の鬼門を守る延暦寺。やがて舟は初夏の湖を漕ぎ進み、粟津に到着します。

 

ここ粟津原は、木曽殿と今井四郎兼平の終焉の地。懇ろに弔う僧の前に、甲冑を帯した兼平の霊が現れ、先程僧を導いた船頭は自分であると明かし、主君・木曽殿の最期と、それを見届け、壮絶な自害を遂げた様子を詳しく物語るのでした。

 

舞台展開

兼平

〈次第〉の囃子で僧(ワキ)が登場し、木曽義仲を弔うため江州・粟津原をめざす由を述べます。木曽路から琵琶湖の畔の矢橋の浦までの様子は〈道行〉の部分で謡われます。

 

ついで後見が、舞台正面に向かって左側(脇正)に、舟の作物を出します。舳先に柴をくくり付け柴舟を表しています。前シテは〈一声〉の囃子で登場します。柴を運ぶ舟を操る老人の姿です。僧が便舟を頼むと、渡し舟ではないけれど、僧侶であるからと言って、舟を乗せます。老人は僧に船上から見渡せる名所を教えます。

 

兼平

粟津に着くと、棹を捨て舟を下り、そのまま中入します。

 

間狂言の語りの後、僧が弔っていると、〈一声〉の囃子で在りし日の姿の兼平が現れます。面は平太、法被(上着)と半切(袴)の出で立ちは、甲冑を付けている武将の姿です。僧が乗った舟の渡し守こそ私の仮の姿であったと明かします。舞台中央で床几に座った兼平は、主君の武運が尽き、この粟津の松原で命を落とすまでを僧に詳しく物語ります。この〈クリ・サシ・クセ〉のくだりは、地謡によって謡われます。〈キリ〉の部分では、主の死を見届けた兼平が奮戦し、やがて自らも壮絶な死を遂げる有様が、激しい型で表現されています。

 

鑑賞

兼平

兼平と源義仲は、乳兄弟として木曽の山中で育ちます。主従という間柄を越え、兄弟、親友のような太い絆がありました。幼い時から「死ぬ時は一緒」と誓い合った程です。義仲が信濃を出陣した時は五万余騎を従え、破竹の勢いで都に上り、「朝日将軍」と呼ばれたのも束の間、頼朝に追われる身となり、ついに死を目の前にした時は、兼平と二人きりになってしまいました。義仲は兼平に「つね日頃なんとも思わない鎧が、今日は重たくなったぞ」と漏らします。兼平は「武士には死に際が大事」と義仲を励まし、寄せ来る敵を一人で防いで時間を稼ぎ自害させようとするのです。そんな働きも空しく、一瞬の隙に義仲は討たれてしまいます。兼平は主の死を見届けると、誰もが驚き、後世まで残るような壮絶な自害を遂げるのでした。

 

この能では、主を深く思う兼平の姿が後半で余すところなく描かれています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop