ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

葛城

物語

葛城

出羽国・羽黒山の山伏の一行が修行のため、大和国・葛城山にやってきました。

 

折からの大雪に降り込められていると、この山に住む女が現れて、「通い馴れた私でさえ、この吹雪に踏み迷いそうになる程です。見苦しいけれど、私の庵で一夜を明かしなさいませ」と言って案内します。そして古歌にも詠まれた楚樹(細い木を束ねたもの)を焚いてもてなします。山伏が勤行を始めようとすると、女は三熱の苦しみから救って欲しいと頼みます。女は葛城の神と名乗り、その昔、役の行者から吉野の金峯山まで修行のための岩橋を掛けるよう命じられ、醜さを恥じて現れなかったため橋は完成せず、不動明王の戒めを受ける身となったと明かし、姿を消します。(中入)

 

山伏の祈祷の前に、再び現れた葛城の女神。山伏に感謝しつつ舞を舞い。夜の明ける前にと岩戸の内に帰って行くのでした。

 

 

舞台展開

葛城

〈次第〉の囃子でワキの山伏一行が登場し、葛城山に到着し、大雪のため木陰に休もうとして行きかかると、里女(前シテ)が幕の内から呼び止めます・面は深井。深々と被った笠には雪がつもり、手にした楚樹にも雪がついています。山伏達を庵に案内した女は笠を取り、持ち枝の雪も取り除きます。ここで場面は庵の内となり、楚樹を焚いてワキをもてなし、楚樹の謂われを教えます。ワキの前に持ち枝を置き、扇であおぐ型は、楚樹を焚いてもてなしている場面です。

 

 

葛城

間狂言の語りの後、〈出端〉の囃子で葛城の女神(後シテ)が現れます。面は増。天冠を戴き、長絹または舞絹(広袖)に大口(袴)は女神の出で立ちです。「大和舞いざや奏でん」と言って、舞われる舞は格調高い序之舞。月下の銀世界の中、醜い容貌を恥じた女神は、夜の明ける前にと、岩戸の中に姿を消す態で終わりとなります。

 

鑑賞

葛城

大和盆地に西南、葛城金剛の峰々は古くから修験道の霊場でした。葛城の神はある時、役行者から言い渡されます。吉野金峯山まで長い長い岩橋を掛けるようにと。その命を果たせなかった葛城の神は、神でありながら罰を受けて苦しむのです。古代の神話の世界では、神は人に近い存在で唯一絶対の神のイメージとはことなります。

 

降りしきる雪の中に現れる前シテの美しさ、醜い容貌といっても、美しい女神の姿で現れる後シテの逆説的な演出。幻想的な古代のロマンを感じる曲です。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop