ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

野守

物語

野守

大和国・御蓋山の麓に広がる春日野。鏡のように美しい池水に、旅の山伏もしばし足を止めて見とれていると、春日野の番人の老人が現れます。山伏がこの池水の謂れを尋ねると、老人は「私のような野守が朝に夕に姿を映すので、この水を“野守の鏡”と呼びますが、真の野守の鏡というものは、昔、この野に住む鬼が持っていた鏡のことです」と教えます。さらに昔、御狩の折に、鷹の行方が判らなくなった時、野守が指し示したこの池水に鷹の姿が映ったという歌物語をします。山伏は一層興味を示し、「是非本物の野守の鏡を見たいもの」と言うと、老人は「鬼神の持つ鏡を見れば、恐ろしいことでしょうから、この水鏡をご覧なさい」と言って、鬼が住んでいたという塚に姿を消します。(中入)

 

山伏が塚に向かって一心に祈ると、鬼神が鏡を持って現れ、天界から地獄の底まで隈なく映して見せ、大地を踏み破って、再び地獄の底にと帰って行きます。

 

舞台展開

野守

まず舞台・大小前に鬼神の住む塚の作り物が置かれます。榊の枝を付け、引廻しをかけてあります。

 

〈一声〉の囃子で、野守の翁(シテ)が杖を突きつつ登場します。老人といっても、強さを内に秘め毅然とした姿です。春日野の風情を讃えます。山伏に野守の鏡の謂れを語る老人。続いて帝の御狩の時、見失った鷹が水鏡に映ったという和歌の物語の場面は、何といってもテンポのある囃子と謡、型が一体となった前段の見所です。やがて老人は塚の中に姿を消します。(中入)

 

山伏が塚に向かって一心に祈ると、鬼神が鏡を携えて現れます。唐冠に赤頭を着け、面は〈小べしみ〉、法被(広袖の衣)と半切(袴)に、大きな円鏡を持った鬼神は、威容を示す力強い動き〈舞働〉の後、天界から地獄まで鏡に映して見せます。

 

鑑賞

野守

奈良の御蓋山の麓、春日大社・興福寺の近くに広がる春日野・飛火野は、万葉の昔、貴族たちが鷹狩りを楽しみ、今も春日大社の神使の鹿が群れ遊ぶ長閑な所です。古、野守の翁が姿を映したであろう池水や、見失った鷹がその水底に映ったという井戸(“鷹の井”と呼ばれる)が今も残ります。

 

昔より鏡は、不思議な力を宿すものとして大切にされてきました。人の心はもとより、すべてを映すことの出来る特大の鏡を持って現れる鬼神は、“鬼”とはいえ、獄卒のような暗いイメージではなく、世阿弥が「巌に花の咲かんが如し」と言ったように、力強い美しさを持った神に近い存在です。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop