ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

物語

鵺

都へと上る旅の僧は、津の国・芦屋の里に着き洲崎の御堂で一夜を明かします。夜更けて、異様な姿の者が舟で漕ぎ寄せて来ます。名を尋ねたところ、その昔、源頼政に射られて死んだ“鵺”の亡霊と名のり、その時の様子を詳しく語ります。亡霊は回向を頼んで舟に乗って消えて行きます。(中入)

 

僧が夜もすがら読経していると、鵺の亡霊が現れ、頼政に退治された様子を見せます。頼政は一躍名を上げ、自分はうつぼ舟に押し込められて淀川に流され、成仏出来ずにいると言い、僧に回向を願って海中に消え失せます。

 

舞台展開

鵺

前シテは、茫々とした黒頭に、怪士という面をつけた恐ろしげな姿。棹をさして(舟に乗って漕ぎ寄せて来るという様子)登場します。

 

舞台中央に座し、鵺退治の様子を語ります。射落とした鵺にとどめを刺して、松明に照らして鵺の有様を見るところは印象的な型です。

 

後シテは赤頭に小飛出という面をつけて現れます。鵺退治の場面は、あるときは鵺に、あるときは頼政に変化して写実的な型で表現します。

 

鑑賞

鵺

心の闇から生まれた生き物?

 

「鵺」は『平家物語』を題材に作られています。平家と源氏の勢力争いの激しい時代を背景に、頼政自身、鵺のように得体の知れない人物と見られていたようです。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop