ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

西行桜

物語

西行桜

都、下京辺に住む者は、桜の名所を訪ね歩いて日を送っていましたが、西山の西行の庵の桜が盛りと聞き、友を誘って遥々花見に向かいます。

 

庵の一木の桜の下、心静かに花を楽しんでいる西行のもとに、都の人々が押しかけて、さながら洛中のような賑やかさになります。西行は

 

供養は安きこと。しかしながら誰を願主として弔うのでしょう。

 

人々を厭わしく思う心の内を詠み、しかたなく共に花見をします。

 

するとその夜の夢に、桜の精が老体の姿で現れ、無心に咲く花に何の咎があろうかと、西行の歌に反論します。やがて都の春の有様を讃えつつ、楽しげに舞い、夜が白み夢が覚めるとみるや、姿を消します。

 

舞台展開

西行桜

後見が山の作り物を大小前に据えます。山は青々した榊に、桜の花が付けられており、引き回しという布に覆われています。これは桜の老木を表しています。西行(ワキ)が登場し、床几にかけると、舞台は、西行の庵という設定です

 

〈次第〉の囃子につれて花見の人々(ワキツレ)が登場し、西行の庵に着いて案内を請います。ワキが心静かに桜を眺めていると、都の人々の到着を告げられ、「花見んと...」と詠じます。

 

都の人々と花見をして夜を明かす態で床几を下ります。ワキツレ一行は切戸へ退きます。静かに引き回しが下り、老体の花の精が現れ、西行の歌の心を尋ねるために現れたと言い、無心の草木に何の咎があろうぞと反論します。

 

仏縁を得たことを喜んだ桜の精は、都の花盛りの春を讃え〈クセ〉、舞〈序之舞〉を舞い、夢が覚めるとともに消え失せるように静かに舞い止めます。

 

鑑賞

西行桜

西行は俗名を佐藤義清といい、鳥羽院に仕える「北面の武士」(御所の北側に詰め所があり、儀礼的な随身ではなく、武力のある近衛兵団)でした。

 

何の憂いもなく見えた青年武士は、ある日突然世を捨てます。その後ひたすら修行の道に邁進するというよりは、出家して自由な立場となって生きた人でした。

 

こよなく桜を愛した西行は、たくさんの桜の歌を残しています。この曲の舞台は、西山・勝持寺辺り。出家した西行は、この寺の近くに庵を結んでいたと言われています。桜を愛しながらも花見客を迷惑に思った西行は、人が集うのも桜の咎と一首を詠じます。

 

桜の老人の精は、「浮世と見るも山と見るも ただその人の心にあり 非常無心の草木の 花に浮世のとがはあらじ」と西行をたしなめます。
西行としてははずみで思わず詠んだ歌。西行の桜に寄せる心は深いものがありました。

 

「春風の花を散らすと見る夢は さめても胸のさわぐなりけり」
と詠んだ歌が表すように。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop