ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

殺生石

物語

殺生石

下野の国、那須野の原に不気味にそびえる巨石。旅の高僧・玄翁(ワキ)は思わず足を止めます。石の上を飛ぶ鳥が次々と落ちて来たからです。

 

すると何処からともなく、この寂しげな野辺に似つかわしくない妖艶な女(シテ)が現れて石の謂われを語ります。−それは殺生石といって、近づくものの命を奪う恐ろしい石です。昔、鳥羽院の寵愛を受けた玉藻の前は美しく、教養もある人でしたが、その正体は恐ろしい化生の者で、ついには見破られて打ち取られ、その執心が石となったのです−

 

余りの詳しい物語に、玄翁が素性を尋ねると、女は、私こそこの石の石魂ですと明かして消え失せます。(中入)

 

石に向かって払子を打ち振って成仏を祈る玄翁。石はたちまち二つに割れて、光の中から恐ろしい野干(狐・後シテ)が現れます。天竺・唐・日本と三国に渡り、国を傾け人心を乱そうとしたけれども、ついには見破られ那須野の原に逃げ込んだ所を、三浦介・上総介に打ち取られた最期を再現します。野干はこの後決して悪事を働かないと約束して姿を消します。

 

舞台展開

殺生石

まず舞台〈大小前〉に一畳台を置き、その上に石の作物を乗せます。〈次第〉の囃子で、ワキと間狂言の能力が登場します。能力は、巨石の上で飛ぶ鳥が次々と落ちるのを見て驚き、ワキも石に近づこうとすると、前シテが呼び止めます。シテは若々しい女性。〈唐織り着流し姿〉です。シテはこの石が殺生石であると教え、舞台中央に座して、詳しく謂われを語ります。不思議に思ったワキが素性を問うと、石魂と明かして石の中に消えます。(中入)

 

シテは石の中で装束をあらためます。〈赤頭〉に〈小飛出〉という面、〈法被〉(袖の広い衣)・〈半切〉(袴)という変化の姿です。何といっても大きな石がたちまち二つに割れて、後シテが姿を現す所は見所です。

 

三浦介・上総介に狩り立てられて、射止められる様子を具体的な激しい動きで再現します。

 

鑑賞

殺生石

栃木県那須野の観光名所・殺生石。硫黄が噴出するため、人畜に害があると言われていますが、この石にまつわる伝説は“九尾の狐”伝説としても広く知られています。

 

能では珍しく大かがりな舞台装置(石)を用いて効果を上げています。玉藻の前のイメージそのままの前シテ、三国に渡って害をなした妖狐を後シテに、変化に富んだドラマチックな能です。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop