ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

忠度

物語

忠度

須磨の山里に人知れず咲く山桜。旅の僧はその木のもとに手向けをする木こりの老人と出会います。一夜の宿を乞う僧に、老人はこの花の下ほどの宿があろうかと勧めます。この桜の木こそは、一の谷の合戦で討ち死にした忠度を弔うために植えられた木だったのです。やがて老人は何処ともなく消え失せ、その夜の僧の夢に在りし日の忠度が現れます。この世における何よりの執心は、『千載集』に選ばれた歌が“詠み人知らず”とされたこと。忠度は合戦で討ち死にし、箙に付けられた短冊の和歌から我が名が知られたいきさつを詳しく語ります。

 

 

 

舞台展開

忠度

〈次第〉の囃子で、ワキ(僧)が登場します。この僧は藤原俊成ゆかりの人です。

 

〈一声〉の囃子につれてシテ(木こりの老人)が登場します。杖を突き木の葉を持っています。舞台正面に桜の木があるという設定で、木の葉(樒)を手向け、手を合わせます。僧に呼び止められ、老人は、この浦で汐を汲み、山で木を集め、汐を焼く海士であると答えます。宿を乞われると老人は、「この花の蔭ほどのお宿の候べきか」と勧め、やがて、桜の木が討ち死にした忠度のために植えられた「しるしの木」と教えます。僧の弔いに喜ぶ老人は、花の蔭に姿を消す態で〈中入〉します。間狂言の語りの後、〈一声〉の囃子で忠度の霊が現れます。『千載集』に選ばれながら、勅勘の身故に“詠み人知らず”とされたことを嘆きます。やがて俊成に和歌を託して都落ちし、一の谷の合戦で岡部六弥太と組み、討たれてしまう様子を詳しく語ります。特に「光明遍照・・・」と念仏を唱える場面の後、シテは六弥太の立場で、物語りを進めます。討ち取った武将が誰とも名が知れず、箙に付けられた短冊から、忠度と判るというくだりの後は、また忠度に戻り、ワキに弔いを頼んで姿を消します。

 

鑑賞

忠度

平忠度は清盛の末弟にあたり、歌人としても武人としても優れた人でした。都落ちの混乱の中、忠度は都に引き返し、俊成の屋敷の門を叩き、和歌を託します。ただ一つの心残りは和歌の道。やがて世が鎮まり、『千載和歌集』の中に

 

「ささ波や 志賀の都は荒れにしを 昔ながらの山桜かな」

 

という歌が“詠み人知らず”として選ばれます。須磨の浦風に誘われてしきりと散る山桜。

 

「行きくれて 木の下蔭を宿とせば 花や今夜のあるじならまし 」

 

忠度の墓所には、桜の木の下が何より相応しいと思われます。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop