ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

高砂

物語

高砂

陽春の光きらめく播州(兵庫県)高砂・高砂の浦。一本の松の老木の下を掃き清める気品ある老夫婦がおりました。折から、この浦に立ち寄った肥後の国・阿蘇宮の神主・友成は、松の謂われを尋ねます。
老人は、

 

「この松こそ、世に名高い高砂の松。この松と住吉の松は“相生の松”と言われています。私たち夫婦も、妻はこの浦の者。私は住吉の者で、遠く隔てて住んでいても、心は通い合っております。」

 

友成は感心し、さらに詳しい相生の松の物語を尋ねますと、

 

「昔の人の申しますには、高砂というのは、上代の『万葉集』の時代を示し、住吉とは今のこの延喜の帝の時代のことをさしています。かわらぬ緑を保つ松は、永久に尽きない和歌の道を表し、その繁栄は昔も今もかわりません。」

 

高砂

 

なお松のめでたさを語り続ける老人でしたが、

 

「私たちは高砂・住吉の松の精です。住吉でおまちしております。」

 

と言い置いて、汀の小舟に乗り、沖の彼方へ姿を消します。(中入)

住吉をめざして、高々と帆を挙げて船出する友成一行。やがて澄み渡る月あかりのもと、住吉の神が出現して泰平の御代を祝福し、颯爽と舞います。

 

舞台展開

高砂

晴れやかに登場する友成一行(ワキ・ワキツレ)。対照的に杉箒を担いだ姥(ツレ)と、熊手を持った老人(前シテ)は、厳かな調子の囃子(真の一声)で静かに登場し、橋掛りで高砂の浦の情景を謡います。

 

舞台に入ったシテとツレは、相生の松の謂われをワキに聞かせます。松の葉を熊手でかき集める型や、松の精と明かしたシテが、住吉へ船出する場面で、両手いっぱいに広げて帆を上げて遠ざかる様子を表現する型は特に印象的です。

 

「中入」では間狂言(浦の里人)が、高砂・住吉の謂われをワキへ語ります。

 

ワキ一行が住吉へ向け船出する場面の謡(「高砂や...」)は、披露宴で小謡として謡われる一節で良く知られています。

 

住吉の神(後シテ)は、若々しい男神。神舞は極めて急なテンポで、颯爽と一気呵成に舞います。

 

鑑賞

高砂

永遠なるものを求める心

 

「高砂」は、おめでたい曲として広く知られている名曲です。変わらぬ緑を保つ長寿の松、波間より現れた若々しい神の生命力。永遠に変わらないものへの強い憧れが多くの人を引きつけるのではないでしょうか。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop