ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

天鼓

物語

天鼓

後漢の御代のこと、王伯王母という夫婦のもとに男の子が生まれ、天から鼓が降る夢を見て授かった子なので、天鼓と名付けられます。不思議な事にその後本当の鼓が天から降り、天鼓を打つと妙なる音を発するのでした。帝は鼓を宮中に召されますが、天鼓は鼓を持って山中へ隠れます。捕らえられた天鼓は呂水に沈められ、鼓は宮中に据え置かれます。しかしその後鼓はついに鳴ることはありませんでした。息子の死を歎き悲しむ王伯のもとに勅使が遣わされます。天鼓の父が打てば鳴るであろうと宮中に召された王伯は、「もし鼓がなればそれこそ我が子の形見」と恐れつつも鼓を打ちます。すると鼓は妙なる音を発し、帝も心を打たれ涙します。

 

やがて管弦講の弔いが行われると、天鼓の亡霊があらわれ、弔いに感謝しつつ無心に鼓を打ち興じ、舞い戯れるのでした。

 

舞台展開

天鼓

まず後見が舞台正先に鞨鼓台を据えます。名のり笛の音につれて勅使(ワキ)が登場し、天鼓の出生や亡くなった経緯を語り、天鼓の父・王伯(前シテ)のもとに向かう由を述べます。一声の囃子で王伯が登場し、橋掛かり入り口で宣旨を伝え、ためらう王伯を連れて宮中に向かう態で舞台に入ります。舞台中央に座った王伯は亡き子を思い続ける父の心情を語り<サシ・クセ>、やがて薄氷を踏む思いで鼓に近づき打つと、鼓は妙音を発します。シテが僅かに右に向き、鼓に聞き入る型で、鼓が音を発したことを表現しています。撥を捨てて、崩れるように泣く(シオル)型が印象的です。ワキは間狂言(従者)に王伯を送るよう命じます。一声の囃子で天鼓の亡霊(後シテ)が現れます。黒頭に童子の面、法被(広袖の衣)の右袖を脱ぎ、半切(袴)に唐団扇を持っています。弔いにより、死後の苦しみから救われた喜びに、鼓を打ち舞い(楽)興じます。

 

鑑賞

天鼓

この曲の特色は、前段が父、後段が子と、役が変わることです。息子に先立たれ悲嘆に暮れる父の姿。亡霊となっても大好きな鼓を打ち興じる天鼓。対照的な二つの役を演じ分ける所にこの曲の面白さがあります。鼓は天鼓自身。前段鼓の音に聞き入る姿は亡き子の魂の存在を感じさせ、後段へと続く大切な場面です。

 

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop