ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

東北

物語

東北

早春の頃、東国から初めて都に上った旅の僧は、今を盛りと咲く梅の美しさに思わず足をとめます。すると美しい女性が僧を呼び止めて梅の謂れを詳しく語るのでした。「この梅こそ和泉式部が“軒端の梅”と名づけて飽かず愛でた木です。またあの方丈は和泉式部の住まいで、今も昔のままの佇まいです」

 

やがてその女性は、「私こそ梅の主です」と明かし、夕暮れの花蔭に姿を消します。(中入)

 

夜もすがら軒端の梅のもとで法華経を読誦する僧。その経に引かれるように現れたのは、在りし日の姿の和泉式部の霊でした。その昔、この門前を通った藤原道長が高らかに法華経を読み、それに答えて、「門の外 法の車の音聞けば我も火宅を出でにけるかな」と返した歌の通り、和歌の徳によって成仏を遂げた和泉式部。東北院の霊地の有様を愛で、美しく舞い、夢のように方丈の内に姿を消します。

 

舞台展開

東北

〈次第〉の囃子で僧(ワキ)が登場し、都・東北院の梅を愛でていると、幕が静かに上がり、女性(前シテ)が幕内より僧を呼び止めます。〈呼掛〉

 

橋掛かりを歩みつつ軒端の梅の謂れを語ります。「若女」の面に、「唐織」着流の出立ちです。やがて「私こそ梅の主よ」と明かして静かに中入りします。

 

東北院門前の者(間狂言)の語りが終わると、ワキの謡〈待謡〉で夜通し法華経を読んでいる様子が謡われます。

 

〈一声〉の囃子で、在りし日の姿の和泉式部(後シテ)が現れます。「緋大口」の袴に「長絹」(広袖の衣)という姿です。

 

御堂関白・藤原道長とのエピソードを語り、〈クリ〉〈サシ〉の謡は、和歌の徳を讃えている部分です。〈クセ〉は、霊地である東北院の有様が語られています。つづく〈序之舞〉を静かに、たおやかに舞い上げると、東北院の方丈へ姿を消す態で一曲が終わります。

 

鑑賞

東北

この曲のタイトル「東北」は、御所の東北(鬼門の方角)を指しています。ここは昔、法成院の東北院というところで、その一庵に和泉式部が晩年を送ったのです。和泉式部は関白・藤原道長の娘・彰子(一条天皇の妃)に仕えた人で、一流の歌人であり、また恋多き情熱的な女性でした。

 

この能の中では、和泉式部は和歌の徳によって成仏を遂げ、美しく、たおやかで、さながら梅の精の如く描かれています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop