ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

鵜飼

物語

鵜飼

安房・清澄の僧の一行が甲斐の国へ行脚の途中、石和川のほとりの御堂で夜を明かしていると、鵜使いの老人が鵜を休めにやって来ます。僧の一人が二、三年前に石和川で出会い、もてなしを受けた鵜使いの老人の話をすると、鵜使いは、その老人が殺された経緯を語ります。「固く殺生を禁じられた場所で、毎夜鵜を使ったその老人は、命乞いも空しく、簀巻きにされ、水中に沈められたのです。そして、私こそ、その老人の霊」と明かします。

 

僧の勧めにより、懺悔のため鵜を使って見せる老人。我を忘れて夢中で魚を追うその姿もやがて月の出とともに消えて行きます。(中入)

 

僧達は法華経の文字を河原の石に一字ずつ書き付けて川に沈め、供養します。

 

すると地獄の閻魔大王が現れ、殺生を重ねた漁師の霊は、生前僧をもてなした功徳により済われたことを告げ、法華経の徳を讃えます。

 

舞台展開

井筒

〈名ノリ笛〉で、僧(ワキ)が従僧(ワキツレ)を従えて登場します。石和川に到着した一行は、里人(間狂言)に宿を乞いますが、断られ、川辺の御堂で一夜を明かすことにします。

 

〈一声〉の囃子で、老人(前シテ)が登場します。「水衣」に「腰蓑」は漁師の姿です。松明を振りつつ現れるのは、鵜を使っている態です。謡は、殺生を生業とすることの嘆きに満ちています。鵜を休めるための御堂に上がった老人は、僧の一行と出会い、殺生禁断の場所で漁をした罪で殺された鵜使いのことを詳しく話します。〈語〉

 

実はその鵜使の霊が自分であると明かし、懺悔の為にと鵜を使って漁をする様子を見せます。〈鵜之段〉

 

井筒

〈語〉から〈鵜之段〉までが何といっても前半の見せ場です。

 

僧と従僧の〈待謡〉は、河原の石の一つ一つに経文を一字ずつ書き、川に沈めてお弔いをする様子が謡われています。

 

〈早笛〉の囃子で力強く現れる閻魔大王(後シテ)。「赤頭」に面は「小ベシミ」。「唐冠」を着け、「狩衣」「半切」(袴)の出立ちは地獄の鬼の様です。漁師の霊が済われたことを述べ、法華経の徳を讃えます。

 

鑑賞

井筒

漁師を業とするシテが登場する能は、「鵜飼」の他、「善知鳥」「阿漕」などがあります。その中で「鵜飼」は、後シテが前シテと別の人物(閻魔大王)という点で大きく異なります。

 

殺生をする職業は、仏教で戒められていると分っていても、その業から離れて生きることの出来ない悲しさや、執心の強さ、地獄に落ちた苦しみが何れも良く描かれていて、特に漁を再現して見せる場面が見せ所です。

 

世阿弥は『花伝書』の「物真似條々」の中で、あまりその様子を〈リアル〉に似せないようにと戒めています。それは当時の上流階級の貴族達観客を意識しての言葉でした。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop