ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

釆女

物語

釆女

頃は春。旅の僧は都の寺社を廻り、初めて奈良・春日の里に立ち寄ります。春日社に詣でた僧は、神域に苗を植える女性に出会います。不思議に思って謂れを尋ねると、女は春日社の縁起を詳しく語り、木を植えることこそ神慮にかなうと答えます。そして女は猿沢の池へ僧を案内し、池にまつわる悲しい物語を聞かせます。

 

そのいにしえ、帝の寵愛深い釆女が、いつしか帝の心が離れたことを嘆き、池に身を投げます。哀れに思った帝は、この池に御幸なさって詠まれた歌は、

 

「わぎもこが 寝ぐたれ髪を猿沢の 池の玉藻とみるぞ悲しき」

 

やがて女は、私こそ、その釆女の霊と明かして池の中に姿を消します。(中入)

 

再び在りし日の美しい姿で現れた釆女の霊は、弔いを受けて成仏したことを喜び、華やかなりし頃に戻ったかのように舞うのでした。

 

舞台展開

釆女

〈名ノリ笛〉の音につれて、ワキ(僧)が登場し、都より奈良に向う由を述べます。奈良までの道すじは、〈道行〉で謡われます。

 

〈次第〉の囃子でシテ(里女)が登場します。手にした枝は苗木を表しています。〈サシ〉の謡から時は夜更けであることが分かります。やがてシテは跪いて苗木を植える態で、枝を置きます。不審に思って尋ねるワキに、シテは春日社の縁起(一つ目の話)を詳しく物語ります。

 

シテはワキを猿沢の池の畔へ導き、この池に身を投げて亡くなった釆女の悲しい物語を聞かせます(二つ目の話)。シテは私こそ、その釆女の霊と明かして池の中に姿を消すかのように静かに〈中入〉します。間狂言(里の男)の語りの後、〈一声〉の囃子で、シテ(釆女の霊)が在りし日の姿で現れます。〔長絹(広袖の衣)〕と緋色の〔大口(袴)〕で、宮廷に仕える若い女性の姿です。

 

釆女

成仏したことを喜び、〈クセ〉では釆女のエピソードを様々語り、昔日を懐かしむかのように静に舞います。〈序之舞〉

 

最後に釆女は、この御代のように穏やかで、波風もない猿沢の池に再び姿を消します。

 

鑑賞

釆女

遠い昔、御蓋山の麓に祀られた藤原氏の氏神。そこは信仰の人々の手で木が植えられ、長い長い年月の後、深い森となりました。そんな悠久の時の流れに埋もれた釆女の物語。神宿る杜から明るく拓けた神域。そして藤原氏の氏寺・興福寺の塔を映す猿沢の池へと誘う女。前段はゆるやかに物語が展開して行きます。

 

「わぎもこが 寝ぐたれ髪を猿沢の 池の玉藻とみるぞ悲しき」

 

この歌は生前の輝きを失った釆女の姿を嘆いて詠まれました。しかしながら、その歌から受けるイメージは、水中で髪を靡かせて漂う静寂な美しい光景です。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop