ようこそ能の世界へ

能楽とは?

能の楽しみ方

演目のご紹介

 

演目のご紹介|ようこそ能の世界へ

善界

物語

善界

唐の天狗の首領・善界坊は、自国の慢心の僧達を次々に天狗の道へ引き入れ、さらに日本の仏法を妨げようとやって来ます。
愛宕山の太郎坊を訪ねた善界坊は共に先ず比叡山を狙うことにします。

 

勅命によって都へ急ぐ比叡山の高僧の車の前に、雷鳴と共に現われた善界坊は僧の魔道に引き入れようとしますが、不動明王はじめ仏法を守る守護神達によって、ついに力を失い退散します。

 

舞台展開

善界

〈次第〉の囃子につれ、山伏姿のシテ(善界坊)が登場し、名乗ります。唐の国より遥々仏法を妨げるため日本に向かう由を述べます。山伏の姿は仮の姿で、本性は天狗という設定です。

 

愛宕山に着いた善界坊は、〈橋掛かり〉へ行き、幕に向かってツレ(太郎坊・日本の天狗)を呼び出します。

 

舞台に入った二人は対座して、比叡山を狙おうと企てます。仏道に背かなければならない運命を嘆き、悪魔をも焼き滅ぼす不動明王の力を恐れながらも、比叡山に向かいます。(中入)

 

比叡山に仕える能力(間狂言)が登場し、勅命によって僧正が都へ急ぐ由を述べます。

 

善界

後見が車の作物をワキ座に据えると、〈一声〉の囃子でワキ(僧正)とワキツレ(従僧)が登場し、車の作物に乗り込みます。

 

〈大ベシ〉(天狗の登場の囃子)につれ、天狗の本性を現した善界坊が現われます。面は大ベシミ、赤頭、狩衣に半切(袴)、大きな羽団扇を持ちます。

 

僧正を魔道に引き入れようとしますが、不動明王に念じると、明王をはじめ諸天が出現し、尚も立ち向かおうとする善界坊でしたが、力尽きて退散します。

 

鑑賞

西行桜

一般的に天狗と言えば、鼻の高いというイメージがあります。能では「大ベシミ」という面を付けます。ベシミとは、べしむ・つまり固く口を閉じた表情から取った名称です。目を見開き、口を真一文字に閉じた表情は、エネルギーを内に秘めた力強さを感じます。

 

仏法を傾けようと遥々やって来た唐の天狗・善界坊が明王・諸天・神々の力で降参するくだりは、舞台上では実際に不動明王が出現する訳ではなく、シテの動きで表現されています。

 

前のページへ戻る

前のページに戻るpagetop